大谷6回無失点、打者では1安打 アスレチックス戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アスレチックス戦の3回、オルソンを二ゴロに打ち取り、雄たけびを上げるエンゼルス・大谷=オークランド(共同)
アスレチックス戦の3回、オルソンを二ゴロに打ち取り、雄たけびを上げるエンゼルス・大谷=オークランド(共同)

 ▽アスレチックス―エンゼルス(19日・オークランド)

 エンゼルスの大谷が「2番・投手」で先発し、6回を3安打無失点、8三振1四球で勝敗は付かなかった。今季は4勝1敗、防御率3・21。

 打者では4打数1安打。内容は中飛、中越え二塁打、空振り三振、三飛で打率2割7分7厘。七回から右翼の守備に就き、八回の守備で退いた。チームは1―4で敗れた。(共同)