なまはげ太鼓ライブ、入場者50万人突破 男鹿「五風」

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿市北浦湯本の男鹿温泉交流会館「五風」で開かれているなまはげ太鼓ライブの入場者数が50万人を突破した。五風開館から14年で到達した大台に、演奏を担う和太鼓グループ「恩荷(おんが)」の石川大輔さん(37)は「50万人はすごい数字だけど、100万人、200万人の人に見に来ていただき、地元の人たちにも誇りに思ってもらえるようにみんなで活動を続けていく」と決意を新たにした。

 なまはげ太鼓は民俗行事「男鹿のナマハゲ」と和太鼓演奏を組み合わせた郷土芸能。男鹿温泉郷協同組合によると、地元有志が1980年代前半に温泉郷への誘客を目指して始めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 641 文字 / 残り 369 文字)

秋田の最新ニュース