時代を語る・小林正信(9)やけど後も仕事続行

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
箱根時代、職場の仲間たちと(後列左)
箱根時代、職場の仲間たちと(後列左)

 ゴルフ場の調理場での下積み時代は、主に洗い場とサラダ番を担当しました。鍋やフライパンを洗ったり、キャベツを切ったり、サンドイッチを作ったり。基本中の基本ですね。

 仕事を終えて夜の8時ごろに寮に帰ったら、調理師免許を取るための勉強です。問題集を買って復習を繰り返しました。単語カードに「味の5大要素は?」なんて問題を書いて、裏にはその答えを記していつも持ち歩きました。努力のかいあって、専門学校に通うことなく免許を取得できました。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 772 文字 / 残り 557 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース