コロナ感染止まらず無観客、「復興五輪」に程遠い光景 福島

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
試合を前に整列する日本とオーストラリア。無観客で行われ、スタンドは報道陣や大会関係者がまばらだった=福島県営あづま球場
試合を前に整列する日本とオーストラリア。無観客で行われ、スタンドは報道陣や大会関係者がまばらだった=福島県営あづま球場

 福島市の県営あづま球場で21日、東京五輪全競技のオープニングとなるソフトボールの日本―オーストラリアが行われた。新型コロナウイルスの感染が収まらず、異例の無観客開催。会場には五輪本来の熱狂はなく、選手の声や球音が響いた。球場から約9キロ離れた福島市中心部も五輪のお祭りムードは感じられず、当初掲げられた「復興五輪」とは程遠い光景が広がった。

 13年ぶりに五輪で開催されたソフトボール。会場にはムードを盛り上げるように軽快な音楽が大音量で響く。しかし、観客の姿はない。スタンドにいるのは報道陣や大会関係者のみ。日本が本塁打で勝ち越した場面も、スタンドからはボランティアスタッフらの拍手が聞こえるだけだった。

 アテネ、北京大会を経験した山田恵里主将は無観客での試合について「オリンピックという感じがしなかった。仕方ないことだが、本当ならたくさんの人に試合を見てもらいたかった」と率直に語った。大舞台で先発を任された上野由岐子投手は「背中を押してもらえる大声援がないのは、正直寂しい思いでいっぱい。ただ、選手としてグラウンドでやるべきことは変わらない」と話した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1066 文字 / 残り 587 文字)

秋田の最新ニュース