リバプールの世界遺産抹消 3例目、再開発を問題視

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
英中部リバプールの港湾地区=2020年12月(ゲッティ=共同)
英中部リバプールの港湾地区=2020年12月(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は21日、港湾地区が世界遺産になっている英中部の商業都市リバプールの世界遺産登録抹消を決定した。港湾地区での再開発を問題視した。

 世界遺産登録の抹消はオマーンの「アラビアオリックスの保護区」(2007年)、ドイツの「エルベ渓谷」(09年)に次いで3件目。

 ビートルズゆかりの地としても知られるリバプールは18~19世紀の産業革命を機に貿易の拠点として繁栄した。当時の海運会社、造船所、世界初の耐火性倉庫が残る6地区が04年に世界遺産に登録された。