横手、「壁」崩せず快進撃に幕 高校野球

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
5回表2死一塁、横手の捕手・栗田の好送球で明桜の二盗を阻止
5回表2死一塁、横手の捕手・栗田の好送球で明桜の二盗を阻止

 横手は1986年以来の4強進出を果たすも、優勝候補である明桜の高い壁にはね返された。

明桜と秋田南が決勝進出

 1点を追う二回、先頭打者の高山大希主将(3年)が直球に狙いを絞って中前打で出塁した。しかしこの後は送りバントに失敗し、ヒットエンドランもうまくいかず得点機を生かせなかった。四回には守備の乱れも絡み、4点を献上した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 498 文字 / 残り 336 文字)

秋田の最新ニュース