秋田南、3年生が意地見せ秋田商振り切る 高校野球

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田南―秋田商】6回表無死一塁、秋田南の下間が勝ち越しの2点本塁打を放つ
【秋田南―秋田商】6回表無死一塁、秋田南の下間が勝ち越しの2点本塁打を放つ

 苦しむ後輩を、最上級生が投打で救った。秋田南は五回途中から救援した岡本星琉(3年)が無失点の好投で秋田商に流れを渡さず、5番下間拳真(同)は勝ち越しの2点本塁打。4度目の決勝へ勢いを加速させた。

明桜と秋田南が決勝進出

 準々決勝で2失点完投の2年生エース塚田将正が、この日は四回までに5四死球と荒れた。石川聡監督は「手遅れになるよりだったら」と、五回に速球派の中山蓮翔(2年)にスイッチした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 625 文字 / 残り 429 文字)

秋田の最新ニュース