五輪・女子サッカー、秋田市の手代木さんが副審務め「光栄」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
スウェーデン―米国戦で副審を務めた手代木直美さん(右)=味の素スタジアム
スウェーデン―米国戦で副審を務めた手代木直美さん(右)=味の素スタジアム

 21日に東京・味の素スタジアムで行われた東京五輪の女子サッカー1次リーグG組のスウェーデン―米国で、国際審判員の手代木(てしろぎ)直美さん(40)=秋田市=が副審を務めた。

 手代木さんは北海道出身。2006年に女子1級審判員の資格を取得し、13年から国際審判員(副審)に登録。五輪の審判員を務めるのは16年リオデジャネイロ大会に続き2度目。19年の女子ワールドカップ(W杯)フランス大会でも副審を務めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 286 文字 / 残り 83 文字)

同じジャンルのニュース