曳山まつりない土崎の空に花火 「真っ暗な町を見せたくない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 「土崎神明社祭の曳山行事」(土崎港曳山まつり)が中止となった地域を活気づけようと、秋田みなと振興会、土崎港曳山まつり実行委員会、港商友会が21日夜、秋田市北部地区の5カ所で花火4千発を打ち上げた。港商友会会長の後藤珠里さん(45)は「21日は土崎にとって特別な日。2年連続で真っ暗な町を見せたくないと思い企画した。まつり関係者や医療従事者など、今頑張っている人たちに上を向いてもらいたい」と話した。