時代を語る・小林正信(10)洗い場は学びの宝庫

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
軽井沢プリンスホテルで働いた頃(前列左)
軽井沢プリンスホテルで働いた頃(前列左)

 黒川紀章といえば、国際的な建築家として有名でしたね。昭和48(1973)年に開業した軽井沢プリンスホテル・イースト(長野県)は、彼が手掛けました。全ての客室の窓から森林を望める設計で、自然との調和を試みたリゾートホテルです。

 ここの誕生に合わせ、ぜひ軽井沢で働かせてほしいと自ら志願しました。まだ料理の道に進んで4年余りの自分にとって、いろんな所でフレンチのいろはを吸収することはすごく重要だと思ったんです。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 758 文字 / 残り 553 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース