土崎港曳山まつり 神事、粛々と

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
みこしを出迎え拝礼する新柳町の人たち=21日午前11時半ごろ
みこしを出迎え拝礼する新柳町の人たち=21日午前11時半ごろ

 例年であれば「土崎神明社祭の曳山(ひきやま)行事」(土崎港曳山まつり)の最終日となる21日、土崎神明社で例祭が行われた。奉賛会役員など35人が参列し、地域の安泰や新型コロナウイルス感染拡大の収束を祈った。

 午前10時すぎ、神の分霊をのせたみこしが神明社を出発した。みこしは氏子である51町内をトラックに乗って回り、迎えた町の人たちは頭を下げて静かに手を合わせた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 724 文字 / 残り 542 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース