三種町3中学統合校の建設地巡り議論

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
統合中学校の建設地について意見を交わす住民
統合中学校の建設地について意見を交わす住民

 秋田県三種町八竜地域の住民有志8人でつくる「未来の学校を考える会」(森山大輔代表)は17日、学校統合に関する意見交換会を八竜農村環境改善センターで開いた。町民約30人が参加し、町内3校を統合した新中学校の建設地について意見を交わした。

 意見交換会は4月に続き2回目。考える会のメンバーは6月中旬、中学校の建設候補地となり得る7カ所を見学しており、その結果を報告。これを参考に、参加者が3グループに分かれて意見を交わした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 555 文字 / 残り 344 文字)

秋田の最新ニュース