甲子園懸け明桜―秋田南、23日決勝 高校野球秋田大会

会員向け記事
お気に入りに登録

 第103回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)は23日午後1時から、秋田市のこまちスタジアムで明桜―秋田南の決勝を行う。第1シードの明桜は10度目、第7シードの秋田南は初の甲子園出場が懸かる。

 両校は6月の春季県大会準々決勝で対戦。少ない好機をものにした明桜が2―0で秋田南を下した。今大会は両校とも複数の投手を起用した勝ち上がり。守備はともに4試合で1失策と堅く、明桜は計4失点、秋田南は計5失点と安定感がある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 703 文字 / 残り 490 文字)

秋田の最新ニュース