矢島中・高生、励まし合いながら山頂目指す 鳥海山合同登山

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪渓を踏みしめ、頂上を目指す矢島中の生徒
雪渓を踏みしめ、頂上を目指す矢島中の生徒

 秋田県由利本荘市の矢島高校と矢島中学校による鳥海山合同登山が22日に行われた。生徒たちは励まし合いながら、それぞれのペースで頂上や山腹を目指した。

 参加したのは中学3年生約25人と高校1~3年生約50人。午前7時半すぎに矢島口5合目の祓川(はらいがわ)を出発、両校の教職員や地元の矢島山岳会メンバーが同行しサポートした。

 登山道には雪渓や急な上り坂もあり、生徒たちは足元に気を付けながら難所を通過。水場での休憩時は、冷たい雪解け水に触れてリフレッシュしていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 513 文字 / 残り 282 文字)

秋田の最新ニュース