陛下「祝い」避け、五輪開会宣言 憲章を和訳で工夫、国民を考慮

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京五輪の開会を宣言される天皇陛下=23日夜、国立競技場
東京五輪の開会を宣言される天皇陛下=23日夜、国立競技場

 東京五輪の大会名誉総裁を務める天皇陛下は23日の開会式で「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」と述べられた。前回の東京五輪と異なり、和訳の工夫で「祝い」という表現を避け、「記念する」に変更。新型コロナウイルス禍に苦しむ国民を考慮して祝祭感を抑えた表現となった。

 開催条件などを成文化した五輪憲章は、開会宣言は国家元首が読み上げると規定。英文の憲章では読み上げる例文に「celebrating」が使われ、憲章の和訳は「祝い」となっている。

 開会式には、感染対策で皇室からの出席は天皇陛下のみ。

同じジャンルのニュース