【本紙記者ルポ】東京五輪開会式 空虚感漂う「祝祭」

会員向け記事
お気に入りに登録

 東京・国立競技場で23日夜に行われた東京五輪の開会式。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、異例の無観客で行われ、国内で2度目の夏季五輪が開幕した。高揚感や喜びは感じられたが、マスク姿の選手団入場や場外に響く開催反対の声に、どこか空虚感も漂う「祝祭」となった。

 午後5時。大規模な交通規制が敷かれるため、会場周辺は厳戒態勢と思いきや、多くの見物客でごった返した。車両こそ入れないが、公共交通機関では国立競技場近くまで来ることができる。競技場の外側にある五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」のモニュメント付近には、記念写真を撮ろうとする人たちの行列ができていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 640 文字 / 残り 357 文字)

同じジャンルのニュース