県立大准教授ら八郎湖で農薬濃度調査 生態系への影響注視

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
調査地点の一つである八郎潟調整池
調査地点の一つである八郎潟調整池

 秋田県の八郎湖とその流入河川で、殺虫剤として広く使用されているネオニコチノイド(ネオニコ)系農薬が宍道(しんじ)湖(島根県)より高い濃度で確認されたとする調査結果を、県立大の木口倫(おさむ)准教授(55)=環境化学=らの研究グループが6月、日本環境化学会の討論会でオンライン発表した。宍道湖では近年、湖水中のネオニコ系農薬がワカサギなどの漁獲量減少につながっているとも指摘されている。

 木口准教授らは検出された農薬が生態系にどんな影響を及ぼすのか、調査を続ける方針だ。

 ネオニコ系農薬は殺虫剤として広く使われており、カメムシなどの防除に効果がある。近年、ミツバチの大量死などとの関連性が指摘され欧米では使用が規制されている。

 木口准教授は昨年6、8月に八郎湖内と湖に流入する河川下流域計15地点を対象に、水中でどの程度農薬が検出されるのか調査を実施。結果として、ネオニコ系農薬の一種である「ジノテフラン」が、宍道湖と比較して高い濃度で確認された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1044 文字 / 残り 620 文字)

同じジャンルのニュース