時代を語る・小林正信(12)ついに「ストーブ前」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
紅葉の景色が美しい十和田湖=平成30(2018)年10月
紅葉の景色が美しい十和田湖=平成30(2018)年10月

 昭和52(1977)年7月、小坂町の十和田湖畔で十和田プリンスホテルの営業が始まりました。当時26歳。軽井沢(長野県)に勤務して2年余りたっていました。

 十和田でシェフに就くのはフランスで腕を磨いた萬木(ゆるぎ)義次さんという方。「プリンスで一番のフランス語の使い手」と言われ、フランス全般に精通していました。そんな人に教えを請いたいと思い、「ぜひ十和田に行かせてください」と志願したんです。当然、郷里で働けることにも魅力を感じたしね。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 784 文字 / 残り 565 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース