保岡「いつもと違う雰囲気」 ベルギー戦でチーム最多得点

会員向け記事
お気に入りに登録

 最大7点差を追い付いて延長に突入したポーランド戦。2点先取で勝利が決まる中、日本男子は1点先行したが、逆転負け。落合は「五輪は全く違う雰囲気になると思っていたが、想像以上にうまくいかなかった」と悔しがった。

【日本―ベルギー】シュートを放つ保岡=青海アーバンスポーツパーク


 相手の武器の2点シュートに序盤から手を焼いた。必死に体を張ってゴール下に簡単に進入させなかった。だが味方のカバーへの意識が強い分、外でフリーになったシューターを使われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 610 文字 / 残り 420 文字)

秋田の最新ニュース