飯島、選球眼磨き主導権 隙のない野球で4強入り狙う

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【鷹巣―飯島】2回裏2死満塁、飯島の鈴木が3点三塁打を放つ=さきがけ八橋球場
【鷹巣―飯島】2回裏2死満塁、飯島の鈴木が3点三塁打を放つ=さきがけ八橋球場

 1―1で迎えた二回、飯島は2死からしぶとく2四球を選び左前打を絡めて満塁とした。右打席に入った鈴木遥斗(3年)は、外角の直球に逆らわず右方向に流した。走者一掃の三塁打となり勝ち越しに成功。地区予選でも右中間に運んでいる得意なコースで「イメージ通りの打撃ができた」と笑顔を見せた。

飯島 6―2 鷹巣

 「二塁手の頭を越すような強い打球を狙え」。鈴木は阿部正樹監督からの指示通り、ボールをベース上まで引き付けて打ち返した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 522 文字 / 残り 313 文字)

同じジャンルのニュース