オンラインで戦争の悲惨さ伝える 逃げ延びた体験語る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
長崎での被爆体験について語る山田さん
長崎での被爆体験について語る山田さん

 長崎の被爆者と土崎空襲の体験者によるオンライン講話会が24日、開かれた。12歳で被爆した山田一美さん(87)=長崎市=と、空襲当時4歳だった伊藤津紀子さん(80)=秋田市土崎港=がそれぞれの経験を語り、核兵器の恐ろしさや戦争の悲惨さを訴えた。

 山田さんは長崎に原爆が投下された1945年8月9日、爆心地から2・3キロ離れた路上にいた。原爆の閃光(せんこう)に包まれた瞬間、反射的に手のひらをいっぱいに使って目と耳を押さえ地面に伏せた。「爆弾に対する訓練をしていたので瞬間的に伏せた。熱くて熱くて、もうこらえられないと思った」と振り返った。

 伊藤さんは250人以上の死者が出たとされる土崎空襲の被害状況について、当時落とされた爆弾の破片を手に取りながら説明。自宅は標的となった旧日本石油秋田製油所から1・6キロの場所にあり、家族で高清水の丘に逃げて一夜を過ごした経験を語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 939 文字 / 残り 551 文字)

秋田の最新ニュース