作曲家・小松耕輔の生涯を漫画に 東由利出身・音楽教育の父

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
漫画の主人公となる小松耕輔(小松義典さん提供)
漫画の主人公となる小松耕輔(小松義典さん提供)

 秋田県由利本荘市は、東由利出身の作曲家・小松耕輔(1884~1966年)の生涯を描いた漫画の制作を進めている。市内の小中学校の授業などで活用したい考えで、今後キャラクターデザインなどの詳細を決定する。

 小松は日本初の創作オペラ「羽衣」の作曲を手掛けたほか、国内初の合唱コンクールを開いたことでも知られ、「日本音楽教育の父」とたたえられている。童謡や合唱曲をはじめ、県内の複数の校歌も作曲している。

 漫画制作は、全国各地の偉人の生涯を漫画化するB&G財団(東京)の事業として実施。制作費300万円は財団が全額負担する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 632 文字 / 残り 373 文字)

秋田の最新ニュース