時代を語る・小林正信(13)フランス留学を決意

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
十和田湖の名物となっているヒメマス
十和田湖の名物となっているヒメマス

 十和田プリンスホテル(小坂町)のシェフ萬木(ゆるぎ)義次さんは親身になって西洋料理を指南してくれる方でした。ある日、「これが有名なトロワグロ(フランスの三つ星店)の名物だ」と言って食べさせてくれた料理がありました。「サーモンポワレ・ソースオゼイユ」です。

 オゼイユはフランス料理に欠かせないハーブの一種で、爽やかな酸味とほろ苦さが特徴なんです。脂の乗り切ったサーモンは食べているうちにどうしてもくどくなってしまう。それを和らげるために酸っぱい葉っぱで味を整えるのは、とても理にかなっているわけです。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 777 文字 / 残り 527 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース