鷹巣、横手など猛暑日 男鹿で女性死亡、熱中症の疑い

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内は25日、高気圧に覆われて気温が上昇し、25観測地点で30度を超えた。このうち北秋田市鷹巣や横手市など5地点では35度を超える猛暑日となった。男鹿市では熱中症の疑いで搬送された80代女性が亡くなった。

 男鹿地区消防本部によると、午後2時45分ごろ、男鹿市の畑で80代女性が倒れているのを付近住人が発見し119番した。救急隊が到着した際には心肺停止状態で、市内の病院に搬送されたが死亡が確認された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 488 文字 / 残り 285 文字)

秋田の最新ニュース