能代科技バスケ、統合後全国初勝利 伝統の厳しい守備健在

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【バスケットボール男子1回戦・能代科技―出雲北陵】第2クオーター、能代科技の中嶋がシュートを決める=新潟県長岡市アオーレ長岡
【バスケットボール男子1回戦・能代科技―出雲北陵】第2クオーター、能代科技の中嶋がシュートを決める=新潟県長岡市アオーレ長岡

 全国高校総合体育大会(北信越インターハイ)は25日、新潟県長岡市でバスケットボール男子の1回戦を行い、能代科学技術が出雲北陵(島根)に101―80で快勝した。能代工と能代西の統合後、全国大会での勝利は初めて。


 ▽男子1回戦
能代科技 101―80 出雲北陵(島根)
     (17―22)
     (28―18)
     (28―19)
     (28―21)

 能代科技は立ち上がりで苦しんだものの、能代工時代から続く厳しい守備で本来のリズムを取り戻し、100点ゲームで快勝した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 725 文字 / 残り 485 文字)

秋田の最新ニュース