学校現場のICT:教員向けの研修会 端末うまく活用して

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
端末を使った授業について説明する花田指導主事
端末を使った授業について説明する花田指導主事

 秋田市教育委員会は5月下旬から、市内の全小中学校を対象にタブレット端末の使い方や授業方法についての研修会を行っている。今月15日には泉中学校の教員に、端末を活用した授業のポイントを解説した。

 市では児童生徒の考えを共有しながら授業を進めることができる「コラボノート」と、各教科のドリルが入った「eライブラリ」という学習ソフトのほか、遠隔で授業を行えるツール「チームズ」を導入している。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 757 文字 / 残り 564 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース