秋田県の人口94万人割れ 半年で1万人近く減少

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県調査統計課は26日、7月1日現在の県人口を93万9855人(男44万2214人、女49万7641人)と発表した。今年1月に95万人を割り込んで94万8964人となっており、それから半年で1万人近く減少した。

 この1年間をみると、県人口は1万4570人(1・53%)減少。県内への転入者数から県外への転出者数を引いた社会減は新型コロナウイルス禍の中で例年より抑えられたものの、出生者数から死亡者数を引いた自然減が大きく、減少率は過去5年間で最大となった。

 2020年国勢調査の速報値によると、昨年10月1日時点の秋田県の人口は96万113人で、都道府県で38番目だった。東北6県の中では最も少なかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 629 文字 / 残り 325 文字)

秋田の最新ニュース