本荘東と大曲が決勝へ 全県少年野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【飯島―本荘東】1回表2死一、二塁、本荘東の二走安保(右)が高瀬の適時二塁打で生還=さきがけ八橋球場
【飯島―本荘東】1回表2死一、二塁、本荘東の二走安保(右)が高瀬の適時二塁打で生還=さきがけ八橋球場

 第87回全県少年野球大会(秋田魁新報社、県中体連、県教育委員会、ABS秋田放送など主催)兼第70回県中学校総体軟式野球大会第3日は26日、秋田市のさきがけ八橋球場とこまちスタジアムで準々決勝と準決勝を行った。決勝は本荘東(本荘由利1区)が初、大曲(大曲仙北1区)は優勝した61回大会以来26大会ぶりの進出を決めた。準決勝で本荘東は飯島(秋田1区)を8―4、大曲は桜(秋田2区)を10―3でそれぞれ下した。決勝は27日午後2時から八橋球場で実施する。

 ▽準決勝
本荘東 8―4 飯島
大曲 10―3 桜
(五回コールドゲーム)

 ▽準々決勝
本荘東 8―7 天王南
大 曲 5―1 北 陽
飯 島 5―2 八 峰
 桜  2―1 横手南

イニングスコアはこちら

秋田の最新ニュース