アーチェリー男子団体で銅メダル 日本初、古川・武藤・河田

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子団体3位決定戦で的を狙う古川高晴。中央は武藤弘樹、左が河田悠希。オランダに勝利し、銅メダルを獲得した=夢の島公園アーチェリー場
男子団体3位決定戦で的を狙う古川高晴。中央は武藤弘樹、左が河田悠希。オランダに勝利し、銅メダルを獲得した=夢の島公園アーチェリー場

 東京五輪第4日の26日、アーチェリーの男子団体で古川高晴(36)=近大職、武藤弘樹(24)=トヨタ自動車、河田悠希(24)=エディオン=の日本が銅メダルを獲得した。3位決定戦でオランダをシュートオフの末5―4で下した。この競技のメダルは2大会ぶりで、男子団体では初めて。

 古川は2012年ロンドン五輪個人「銀」に続くメダル。武藤と河田は初出場。23日のランキングラウンドで4位と好発進し、韓国に準決勝で惜敗したが、3位の座を射止めた。