ロ首相、北方四島開発へ特区構想 各国投資を誘致、日本は苦境に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
26日、北方領土の択捉島を訪問し病院を視察するロシアのミシュスチン首相(前列右)(タス=共同)
26日、北方領土の択捉島を訪問し病院を視察するロシアのミシュスチン首相(前列右)(タス=共同)

 北方領土の択捉島を訪問したロシアのミシュスチン首相は26日、ロシアが実効支配する北方四島に欧米なども含めた外国投資を誘致するため関税を免除する特別区を設置する構想を示し、現地の経済開発に本腰を入れる姿勢を鮮明にした。領土返還を求める日本にとって第三国の投資流入は問題を複雑化させ、解決を困難にする恐れがある。

 プーチン大統領は首相の択捉島訪問に先立ち、構想を評価する考えを示していた。プーチン氏との首脳間協議をてこに領土交渉の打開を目指してきた日本側は苦境に立たされそうだ。

 外務省の森健良事務次官は26日午後、ロシアのガルージン駐日大使を呼び訪問に抗議した。