フルスイングが信条の本荘東、4試合28得点 全県少年野球

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【飯島―本荘東】1回裏2死一、二塁、本荘東の高瀬が右越えに2点二塁打を放つ=さきがけ八橋球場
【飯島―本荘東】1回裏2死一、二塁、本荘東の高瀬が右越えに2点二塁打を放つ=さきがけ八橋球場

 本荘東は準決勝で持ち前の打力を発揮して序盤から得点を重ねた。練習からチームとして取り組んできたフルスイングが実戦で生きた。

本荘東と大曲が決勝へ 全県少年野球

 26日は準々決勝と準決勝が組まれた。大会規則で投手は1日7回までの投球制限が設けられており、準決勝で戦った飯島の好投手杉山長駿(3年)は準々決勝で完投したためマウンドに立たなかった。一方で本荘東の投手陣も連戦で疲労がたまっており、藤田智也監督は「点を取り合う総力戦になる。打ち勝とう」と選手に奮起を促した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 530 文字 / 残り 297 文字)

秋田の最新ニュース