能代科技、守備で食らいついたが… 大濠のエース抑え切れず

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【バスケットボール男子2回戦・福岡大大濠―能代科技】第4クオーター、ドライブから得点する能代科技の高橋=アオーレ長岡
【バスケットボール男子2回戦・福岡大大濠―能代科技】第4クオーター、ドライブから得点する能代科技の高橋=アオーレ長岡

 能代科技は格上の福岡大大濠に激しい守備で食らい付き、第2クオーターまでは接戦を演じた。だがシュートの精度やコンタクトの強さで押し込まれて敗れた。

バスケ男子・能代科技、2回戦敗退 北信越インターハイ

 福岡大大濠は優勝候補に挙げられる格上のチーム。能代科技は1回戦で、立ち上がりに苦しんだことからガード高橋裕心(3年)が「最初から厳しくいくように心掛けた」と守備で主導権を握り、フォワードがインサイドで得点。第1クオーターは1点をリードした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 698 文字 / 残り 478 文字)

秋田の最新ニュース