TDK職場接種、にかほ市で始まる 秋田・山形の従業員ら

会員向け記事
お気に入りに登録

 電子部品大手TDK(本社東京)の秋田県と山形県内の従業員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの職場接種が26日、にかほ市黒川の市スポーツ宿泊研修センターで始まった。接種希望者4500人が、9月17日までに2回の接種を終える予定。

 TDK秋田・庄内総務部によると、初日は300人が米モデルナ製ワクチンを接種。同社の産業医と看護師の計6人が接種に当たった。会場では従業員に時間差で待機してもらい、密集を避けた。トラブルなく終えたという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 505 文字 / 残り 286 文字)

秋田の最新ニュース