縄文遺跡群、世界遺産登録決定 本県2件目、文化遺産は初

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大湯環状列石(鹿角市、小型無人機で撮影)
大湯環状列石(鹿角市、小型無人機で撮影)

 オンラインで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は27日、秋田県の大湯環状列石(鹿角市)や伊勢堂岱遺跡(北秋田市)など17遺跡で構成する「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)の文化遺産登録を決定した。

 遺跡群は世界史上まれな農耕を伴わない定住生活と、祭祀(さいし)も営む複雑な精神文化を示すとされ、世界文化遺産として国内最古。委員会は26日に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)を自然遺産に登録しており、国内の世界遺産は文化20、自然5の計25件となる。本県の世界遺産は、自然遺産の白神山地に続き2件目。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 705 文字 / 残り 421 文字)

秋田の最新ニュース