台風8号、本県に28日最接近 激しい雨に警戒呼び掛け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 台風8号は、28日明け方から昼過ぎにかけ、秋田県に最接近する。秋田地方気象台は、県内各地で大雨が降ることが予想されるとして警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風8号は28日午前には東北地方の太平洋側に上陸する見込み。その後日本海側へ進んで本県に接近し、日本海へ向かうとみている。

 気象台によると、県内の雨のピークは明け方から昼過ぎの見込み。1時間に30ミリの激しい雨が降る可能性がある。28日午後6時までに県内で予想される24時間降水量は、沿岸、内陸とも多い所で100ミリ。予想される最大瞬間風速は沿岸陸上と海上、内陸で25メートル。

 台風は東北地方に上陸後、夜には温帯低気圧に変わるとみているが、台風の勢力や進路によっては警報級の大雨となる可能性もあると予報。河川の増水や低い土地の浸水に注意を呼び掛けている。

 県は27日午後5時、台風の影響による暴風や大雨に対応するため、県総合防災課長を室長とする災害連絡室を設置した。

台風8号の情報

秋田の最新ニュース