福島原発事故の教訓、次世代に 20年度版原子力白書を決定

お気に入りに登録

 国の原子力委員会(上坂充委員長)は27日、2021年3月で東京電力福島第1原発事故から10年となったことを受け、事故の記憶と教訓を風化させずに、次世代に引き継がなければならないとする、20年度版原子力白書を取りまとめた。

 白書は、21年3月時点で約3万6千人の福島県民が避難を続け、帰還できない地域が県面積全体の約2・4%を占めることを踏まえ、福島の復興は道半ばだと指摘。福島第1の1~4号機は放射線量が極めて高く、近づけないエリアが多いため「事故の調査・分析にはまだまだ取り組むべきことが山積している」とした。