ナガマツ、準々決勝は韓国ペア 準決勝で日本人対決の可能性

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永原和可那(左)と松本麻佑
永原和可那(左)と松本麻佑

 バドミントンの男女のダブルスで1次リーグを突破した各8組による準々決勝の組み合わせ抽選が27日、会場の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、女子でB組を1位通過した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は金昭映、孔熙容組(韓国)と、A組2位の福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)は陳清晨、賈一凡組(中国)と対戦する。

 男子でB組1位の遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)は李洋、王斉麟組(台湾)と、園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)はモハンマド・アーサン、ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)と当たる。

 男女とも日本の2組が準々決勝を突破すれば、準決勝はともに日本勢対決となる

秋田の最新ニュース