ナガマツ「攻める気持ちでレシーブ」 強打で流れ引き寄せる

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス1次リーグB組の第1ゲーム、オランダペアの強烈なスマッシュを拾う永原。左は松本=武蔵野の森総合スポーツプラザ(大久保瑠衣撮影)
女子ダブルス1次リーグB組の第1ゲーム、オランダペアの強烈なスマッシュを拾う永原。左は松本=武蔵野の森総合スポーツプラザ(大久保瑠衣撮影)

 世界選手権2連覇中のペアに本来の姿が戻ってきた。永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は1次リーグ最終戦でオランダのペアを2―0で下し、B組1位通過を決めた。

 受け身になって苦しんだ2日前のカナダ戦を反省し、積極的に前に出た。強打を次々と放って流れを引き寄せた松本は「前の試合に比べて、イメージ通りの球が打てた」と振り返った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 672 文字 / 残り 510 文字)

秋田の最新ニュース