九十九島の景観配慮し圃場整備へ 推進委が全体構想策定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田んぼに島々が浮いているように見える九十九島周辺(にかほ市提供)
田んぼに島々が浮いているように見える九十九島周辺(にかほ市提供)

 秋田県にかほ市象潟町の国天然記念物「九十九島」周辺の圃場整備計画を協議する「景観保全型ほ場整備推進委員会」(委員長・市川雄次市長)は27日、農業法人設立や景観に配慮した圃場の大区画化などを盛り込んだ全体構想を策定した。課題となっている耕作放棄地の解消を図り、農業生産性の向上と景観保全につなげる。

 九十九島は鳥海山の麓に大小103の島々が点在し、田園地帯に浮かんでいるように見える象潟独特の景勝地。周辺圃場の所有者の高齢化などで耕作放棄地が32%に広がり、景観保全に支障を来している。

 にかほ市役所象潟庁舎で開かれた会合には、市と県、県土地改良連合会、JA秋田しんせいの担当者など9人が出席。計画の対象地域255ヘクタールについて▽地域農業の発展▽生活基盤の整備▽景観保全と交流人口の増加―を基本方針とする全体構想を決めた。

 全体構想は市のホームページから閲覧できる。
「象潟前川地区景観保全型ほ場整備グランドデザイン」が策定されました!  にかほ市公式サイト

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 889 文字 / 残り 459 文字)

秋田の最新ニュース