横手駅前のにぎわい復活願い起工式 東口再開発、25年完成

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
にぎわい復活と工事の安全を願った起工式
にぎわい復活と工事の安全を願った起工式

 横手駅東口第二地区の市街地再開発事業の建物新築工事開始に当たり、秋田県横手市駅前町の建築現場で27日、起工式が行われた。関係者約40人が参加し、横手駅東口のにぎわい復活や工事の安全を願った。

 工期は2025年3月まで。地権者らでつくる横手駅東口第二地区市街地再開発組合(理事長=佐藤誠一JA秋田ふるさと組合長)が発注し、横手・半田・伊藤特定建設工事共同企業体(JV)が施工する。総事業費は約112億円。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 654 文字 / 残り 452 文字)

秋田の最新ニュース