はじめての家庭菜園:ミニトマトの摘葉 風通して病害虫予防

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 ミニトマトの茎がぐんぐんと伸び、180センチの支柱をついに追い越した。そこで、主枝の先端を支柱の高さほどでカットした。この「摘心」と呼ばれる作業をすることで、収穫しやすくなり実に栄養が回るという。

 根元近くの葉が混み合っていたため、「摘葉」も行った。実を収穫できるようになった花房より下、または同じ位置にある葉っぱを全て取り除いた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1030 文字 / 残り 863 文字)

秋田の最新ニュース