八郎潟町、コロナ対策で5施設のトイレやシャワー室を改修へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県八郎潟町議会は27日、臨時議会を開き、新型コロナウイルス対策事業費などを盛り込んだ21年度一般会計補正予算案を可決し閉会した。

 補正予算は4919万円で累計42億2006万円。

 コロナ対応に向けた国の臨時交付金を活用し、高岡コミュニティセンター、農村環境改善センター、青年婦人会館、第2町民体育館、オリンピック記念会館の計5施設のトイレや手洗い場、シャワー室などを改修して感染リスクの低減を図る。事業費は計2787万円。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 390 文字 / 残り 176 文字)

同じジャンルのニュース