少雨続き渇水を警戒、流量やダムの貯水率が低下 米代川

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 国や県、流域の自治体などでつくる「米代川水系渇水情報連絡会」が27日、秋田県能代市の国土交通省能代河川国道事務所と関係機関をオンラインで結んで開かれた。16日の梅雨明け以降ほとんど降雨がなく、河川の流量やダムの貯水率が低下しているとして、情報共有を進めて渇水時に迅速に対応することを確認した。

 秋田地方気象台は「台風8号の影響で28日は雨の予報だが、この先、高気圧に覆われて気温の高い日が続き、まとまった雨は期待できなそうだ」との見通しを報告した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 499 文字 / 残り 274 文字)

秋田の最新ニュース