政府、コロナ新薬の本年分確保 中外製薬と合意

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する加藤官房長官=28日午前、首相官邸
記者会見する加藤官房長官=28日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、新型コロナウイルスの軽症者や中等症患者の重症化を抑える効果が期待される新治療薬について、販売する中外製薬と、本年分の国内供給量を確保することで合意したと明らかにした。具体的な確保量は公表しなかった。

 19日に特例承認された「抗体カクテル療法」に使う2種の新薬で、基礎疾患などで重症化リスクがある入院患者に投与する。加藤氏は、政府が確保した新薬は医療機関に既に配分していると説明した。

 新薬は、スイス製薬大手ロシュと米製薬企業リジェネロンが新たに開発したもので、中外製薬は国内での販売を担う。