佐藤、五輪予選敗退も笑顔 「やっぱりカヌーは楽しい」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子カナディアンシングル予選 次の旗門を目指す佐藤彩乃=カヌー・スラロームセンター
女子カナディアンシングル予選 次の旗門を目指す佐藤彩乃=カヌー・スラロームセンター

 気負いなく、初出場の五輪を終えた。「やっぱりカヌーは楽しいなと思いながらこいでいた」

 新種目の女子カナディアンシングル。佐藤彩乃(秋田病理組織細胞診研究センター)は予選20位に終わり、準決勝進出を逃した。目標は達成できなかったが、最後まで笑顔を貫いた。

 落差の大きい難コースに果敢に挑んだ。1本目は勢いよくこぎ出し、前半はミスも少なく乗り切った。だが疲れが出る後半でゲートへの接触が目立ち、さらに激流で艇を2度ひっくり返されて大きく時間をロスした。

 2本目も急流後の19番ゲート通過後に流され、20番のアップゲートまで時間がかかった。しかし転覆はなく、トータルで1本目より10秒縮めて修正した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 672 文字 / 残り 374 文字)

秋田の最新ニュース