角館34・2度、県内22地点で真夏日 30日は雷雨に注意

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 秋田県内は29日、暖かく湿った空気が入り込んだ影響で気温が上昇し、最高気温は全26観測地点のうち22地点で30度以上の真夏日となった。各消防によると熱中症の疑いで救急搬送される人も相次いだ。

 気象庁によると、各地の最高気温は仙北市角館34・2度、大仙市大曲33・7度、大館市33・6度、横手市と由利本荘市東由利33・5度、秋田市32・3度など。

 30日は上空の寒気や湿った空気の影響で曇りの予報。午後からは大気の状態が不安定となり、雷を伴って激しい雨の降る所がある見込み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 540 文字 / 残り 303 文字)

同じジャンルのニュース