福島原発の処理水でヒラメ飼育 東電、風評被害抑制が狙い

お気に入りに登録

 東京電力は29日、福島第1原発の処理水を海水で薄めた水でヒラメを飼育する試験を来年夏に始めると発表した。処理水の海洋放出方針が決まったことを受け、含まれる放射性物質トリチウムの影響などを調べる。海水でも飼育し、結果を比べる。

 東電は処理水を海水で薄め、2023年春ごろに海洋放出を始める方針だが、風評被害を懸念する漁業者を中心に強い反発が出ている。ヒラメは福島県沖で取れる代表的な魚で、東電は試験結果を風評被害抑制につなげたい考え。

 計画では原発敷地内に水槽を設置し、まず今年秋に原発周辺の海水でヒラメの飼育を始める。