仙北市長選、田口氏が出馬へ 中小企業振興などに意欲

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県仙北市の会社経営田口知明氏(50)が29日、任期満了(10月29日)に伴う仙北市長選(10月3日告示、10日投開票)に無所属で立候補する意向を明らかにした。市長選への出馬の考えを示したのは、県議の佐藤雄孝氏(69)に続いて2人目。

 取材に対し田口氏は「若い世代が仙北市の未来をつくる必要がある。市民みんなが力を合わせて市を動かす形をつくりたい」と強調。「市の財政を改善し、地域の中小企業の振興や農産物の地域ブランド創出に取り組む。子どもを産み育てやすい環境を整えるため、経済的支援を充実させ、他地域からの移住も促進したい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 401 文字 / 残り 131 文字)

同じジャンルのニュース