時代を語る・小林正信(18)ひげそって赤プリへ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パリ滞在中に通った語学学校の学生証。ひげを伸ばした時代があった
パリ滞在中に通った語学学校の学生証。ひげを伸ばした時代があった

 東京の赤坂プリンスホテル(赤プリ)に、パリの三つ星レストランなどで修業した料理人がいました。大和田幸雄さんという方で、外国からの要人の接遇も担当した腕利きです。

 日本に帰ったらぜひ大和田さんに会ってみたいと思い、パリをたつ前に面会を申し込んでいました。そしたら「パリから引き揚げて日本に来るなら、うちに来い。履歴書を出してくれ」と言ってくれたんです。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 758 文字 / 残り 582 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース