能代が羽黒を下し優勝 高校軟式野球西東北大会

お気に入りに登録

 第66回全国高校軟式野球選手権西東北大会最終日は30日、青森県弘前市のはるか夢球場で決勝を行った。能代が羽黒(山形)を5―1で下し、優勝した。全国選手権出場は新型コロナウイルスの影響で中止になった第65回を挟んで3大会連続20度目。同選手権は8月25~30日に兵庫県明石市の明石トーカロ球場、姫路市のウインク球場で開催される。

 能代は一回に内野ゴロで1点を先制。二回は袴田の適時打、鎌田の2点三塁打などで4点を追加した。先発高橋は制球がさえ、無四球、1失点で完投した。

同じジャンルのニュース